ネット上に於ける誹謗中傷の類

ネット上に於ける誹謗中傷の類で多いものの一つとして、巧妙に計算されていると言う事もあります。つまりは金額面に関してもそうです。表現は悪くなりますが、騙されやすいタイプの人間がいるとします。そういう人に限っては、美味しい話に勧誘されやすいと言う事です。ネット上には良質なサイトと悪質なサイトの療法が存在し、その見極めが出来ずに気まぐれに悪質なサイトに登録し、言葉巧みに美味しい話に乗ります。けれどもその美味しい話に不安や疑問を感じ、その話を断った場合には、全く予想外にも関係のない会員からも悪質な言葉や文章で攻撃される訳です。如何にも美味しい話を断ったが悪質と言う事で見ず知らずの会員からも、あなたが悪いと言う言葉や文章で攻撃を受ける訳です。それが知らずの内に賠償額を要求されると言うケースにも繋がる場合もあります。その攻撃を受けた人にとっては心理的にも傷付くと言う訳です。

ネット上での誹謗中傷で生活も乱れる

ネット上の誹謗中傷には、攻撃を仕掛けられたら、即座にその場を抜け出せばそこで終了、嵌ってしまうと言う事はないのですが、得てして言葉や文章と言うものは、人の目に飛び込んでくれば、それを読んで理解しようと言う考えになります。ある意味、その言葉や文章は計算されている部分もあるのですが、受ける側としては、その攻撃を真摯に受け止めてしまうと言う心理が働く訳です。その時点で何も発信しなければ良いのですが、人から悪口を言われれば、そんな事はないと言う形で言葉や文章を返してしまう訳です。そうなると人とのコミュニケーションに長けた相手側としては、待ってましたと言う如くに反撃を講じる訳です。つまりは相手の方が人を攻撃すると言う事が仕事だと言う事です。そういう誹謗中傷を繰り返して、相手を上手に操り金額を支払わせると言う事も可能な訳です。そうなれば受ける側としては生活リズムも乱れる事に繋がります。

後を絶たないネット上の誹謗中傷

真剣に考えている人もいる反面、だからこそ、誹謗中傷に遭遇すると言う事が多い場合もあります。真剣に物事を考えている人は、どうして自分が誹謗中傷を受けるのかに疑問を感じると言うケースが多いです。正論を講じようと懸命に自分の意見を主張します。しかしながら、幾ら真剣に言葉を発信しても、聞き入れてもらえないケースは多い訳です。つまりはそれが計算され尽くされていると言う事です。悲惨な状況になって、やがてはその場を離れるしかない状況に追いやられますが、仮にその場を離れてしまっても、また別の場所に身を投じて、同じ事を繰り返します。ある意味ではイタチゴッコのような状況なのですが、それに気付かすに懸命に自分の意思、意見を主張しながらもネット上の向こう側からすれば、嘲笑うが如く、攻撃を仕掛けると言う事が続けられます。そういう状況を知らないままに、やがては自分の正論が間違っていると言う勘違いを起こす故に、後を絶たないと言う事になる訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*