最近の誹謗中傷について。

最近ネットが普及している中で同時に増えているのは誹謗中傷です。ネット上で顔が見えないことをいい事に誹謗中傷を繰り返す人たちがいます。それらを一切無くす、と言うことは難しい事でゼロに近いです。嫌な気分にされたり、精神的に追い込まれてしまったり、悩んでいる方はネット社会に大勢います。ネットは便利で、仕事などによく率いられ活躍しているネットですが、メリットもありデメリットも五分五分です。心の無い人たちが晒し、個人情報の流失など昔には考えられない位緩くなっていると思うのですがその中で厳しくなっている部分もあります。最近の誹謗中傷は度が過ぎてます。顔写真付きで住所や電話番号をネットに上げてしまう、そういうものが増えていると感じます。そして悪口を書く。というのが主流になってしまっている事が怖いところです。

ネット上での誹謗中傷も様々

ネット上の誹謗中傷とはいわゆる言葉や文章で特定の相手を攻撃する事です。固有名詞は出さぬとも、何かしらの言葉や文章が不特定多数の目に触れ、それを勘違いと言う事も有り得るのではあるが、仮にダイレクトに受け止め、それが遺憾であると感じた場合に、目に飛び込んできた言葉や文章に対して様々な激しい言葉の暴力にて、相手を威嚇したり攻撃したりとする行為です。その言葉や文章を発信した個人にとっては、別に何とも思えない事柄でも、不特定多数の目に止まると、何かしらある種の侮辱と言う感じで受け止められて、その言葉に輪を掛けるように意味合いを膨らませての辛辣な表現で個人を攻撃する事になりますから、発信した個人としては、何処からどういう風にそういう攻撃を受けるようになったか分からずに、感情を深く傷つけられると言う事に陥る訳です。この誹謗中傷というものは、得てして相手の心理にも深く影響してくるものです。

誹謗中傷はある種連鎖反応

ネット上に於ける誹謗中傷の類は、ある意味では不特定多数に於ける連鎖反応と言う事も有り得ます。つまりは傍観者までがそれに加わると言う連鎖反応も有り得ると言う事です。余り性質の良いものではないのですが、一人がある特定の言葉や文章に勢いあまり、屈辱的な言葉で攻撃を仕掛けると、その言葉や文章を単に傍観していた、全く関わりのない個人も、その攻撃に知らない内に関わっていると言う事になる訳です。ネット上では当然の事ながら不特定多数の顔や声などは一切分からないようになっている部分が多い訳です。そうなると、別に加担したとしても特に関わり合いがないと言う心理に繋がる部分がありますから、表現的には好ましくないのですが、ある種悪ふざけと言う感じで他人事の誹謗中傷に連鎖して加わると言うケースも少なくはない訳です。それが輪になり増え続ける場合も少なくはないと言う事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*