誹謗中傷被害を減らすには、

現在の社会では、日本に限らず世界中でインターネットが普及してきました。それにより便利になったことはもちろん多々あります。しかし、その一方ではデメリットとなってしまうことも多く出てきました。その中でも今回は、誹謗中傷について考えてみましょう。まず、なぜこのようなことが増えてしまったのか考えましょう。それは、インターネット上にある掲示板などでは、自分の名前を出さないで書き込みを入れることができる仕様になっていることが多いようです。そのような匿名性の中では、自分が何を書き込もうと自分がしたとはバレないと考えてしまう方がいるようです。それにより誹謗中傷という被害が出てしまうようです。では、これらの被害を出さないためにはどうすればいいか、それは、自分の書き込みをする前にそれを自分が言われたらどう思うが考えることで解決すると自分は考えます。それだけでかなり誹謗中傷による被害は減ると思われます。

誹謗中傷は非常にいけない行為なのです。

誹謗中傷は非常にいけない行為なのです。最近ではインターネットによって非常に早くに広範囲に情報が広まっていくのです。そのことをしっかりと考えておくことが必要になります。絶対に行ってはいけない行為であるのはもちろんですが、それを使用としている人を見たときには、すぐに止めることも大事です。誹謗中傷は本当に卑劣な行為なのです。そういうことをしても、された相手だけではなく、した本人も傷つくことが多いのです。そういうことをされてもしても非常に不幸なことになるのです。それをしっかりと考えておくことが大事なのです。自分自身はもちろんですが、周りにもそういう人がいないのか気にしておくことは大事です。情報の広がりが、昔に比べて非常に大きい時代になってきたので、本当に気をつけていくことが大事なのです。そういうことを意識する時代になったのです。

SNSでの誹謗中傷は慎む

インターネットが普及し、SNSなども多くの人がやるようになりました。その結果、たくさんの情報を短時間に知ることができるようになり、知りたいことがすぐに調べられるようになりました。しかし、中にはこれらを悪用し、特定の人を誹謗中傷する書き込みなどをする人もいます。悪質なものでは住所や電話番号、写真などを掲載し、個人を特定できるようにしたものなどもあります。これはあきらかにプライバイーの侵害であり、最近では、多くの管理会社で、このような誹謗中傷の書き込みは依頼すると削除することができます。また、軽い気持ちでした書き込みが結果的に一人の人を攻撃することになり、自分が加害者になってしまう可能性もあります。現在では、書き込みをした人間を特定することは可能となっています。書き込む時は匿名でも、調べられればわかってしまいます。SNSなどを利用するときには、責任をもって書き込みをすることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*